シラグラを上手に活用しよう

ED治療薬として有名なバイアグラのジェネリックの一つがシラグラです。
インドの製薬会社で作られている物で、バイアグラと同じ効果が期待できる物として、世界各国で利用者がいます。
ただ日本国内ではまだ厚生労働省による認可が出ていないので、利用者はいますが病院で処方してもらう事は出来ません。
現時点でシラグラを手に入れる方法として最も多く選ばれているのが、輸入代行業者を利用する物です。
インターネット上には沢山の業者があり、そこのサイトから手軽に購入する事が出来ます。

ただ、未認可の薬を使う事は違法ではないかと心配する人もいるでしょう。
またジェネリックは新薬の特許が切れてからしか作れないはずなのに、なぜバイアグラは新しい薬なのにジェネリックを作れるのか不思議に思う人もいるかもしれません。
もしかしたら、実は偽物ではないかと心配してしまう人もいるでしょう。
この点に関してですが、全て心配する必要は有りません。
まず未認可の薬ですが、海外では流通しています。

日本では薬事法により、個人の使用に限り輸入が許可されているので大丈夫です。
ただその薬を他の人に譲渡すると実は違法となるので注意しましょう。
(勿論販売するのも違法です)またジェネリックに関してですが、確かに特許切れの物しか基本的には作る事はできません。
その為、日本国内の製薬会社ではバイアグラのジェネリックは作る事が出来ないのです。
しかしインドは世界の他の国(日本を含む)とは、医薬品の特許に関するルールが違っています。
その為、ジェネリックを作ったとしても違法とはならないのです。
インドの製薬会社が作った物が多いのも、実はこれが理由となっています。
だから、シラグラも認可はされていませんが利用は禁止されていません。
バイアグラを利用してきた人、その効果は良く分かっているけれど薬価が高くてなかなか購入できないという人などにはお勧めの薬です。
しかし、まだ今までED治療薬を使った事が無い人は特に利用には注意しましょう。

ジェネリックは確かに同じ成分が含まれている薬ですが、完全に同一の薬ではないのです。
だからもしかしたら体にたいして大きな影響を及ぼしてしまう事があるので、初めて利用する時は注意が必要です。
出来れば最少量から利用するようにしましょう。

シラグラはバイアグラと同じ様に服用できます。
まず1日1回、出来れば水や白湯で飲むようにしましょう。
食事の影響を受けてしまうので、空腹時か食後2時間以上過ぎてから服用する必要が有ります。
胃の中に何かが入っている、脂っこい食事を食べた後等はどうしてもその成分が吸収されない為、効果が薄くなってしまう事があり注意が必要です。
1日の利用限度量は100mgまでなので、効果が感じられないと言って沢山錠剤を飲むのはやめましょう。
副作用としてのぼせ・頭痛・吐き気などを感じる場合がありますが、その症状がより強く出てしまうかもしれません。