ジェネリック医薬品のシラグラ

ED治療薬というとバイアグラが一番メジャーだと思います。
そんなバイアグラのジェネリック医薬品がシラグラなのです。
インドで製造販売されているのですが、まだ日本では認可されていないので、病院で処方してもらうことは、残念ながら出来ません。
現状ではくすりを買うためにインドに行くか、個人輸入で購入するという方法しかありません。
くすりを買うためだけにインドに行くというのは、非現実的な話になるので、個人輸入で買うのがいいでしょう。
1人で個人輸入をするのは色々と不安だと思うので、個人輸入代行サイトを利用すると良いでしょう。
代行サイトを利用すれば国内の通販を利用するのとさほど変わらない手軽さで、買い物をすることが出来ます。
代行サイトのなかには信頼度がいまいちな所もあるので、利用客が多く評判の高い代行サイトを使うようにしてください。
個人輸入だといくらくすりが安くても送料が高かったら意味がないと思うかも知れませんが、代行サイトの多くが送料無料で商品を届けてくれるので、その点もしっかりとチェックするといいでしょう。
バイアグラに比べて安価なシラグラですが、ジェネリック医薬品とは何なのかと疑問に思う方もいるでしょう。
最近よく聞くようになったジェネリック医薬品とは、モデルになるくすりこの場合はバイアグラの特許期間が切れたあとに、同じ成分を使って作られたくすりの事をいいます。
1から研究しなくていいので安価で作ることが可能なのです。
こちらはバイアグラ同様、シルデナフィルクエン酸塩という有効成分が含まれています。
どうせ飲むならしっかりと効果を感じたいですよね。
効果を感じるためには守らなくてはいけないことがいくつかあります。
まず食後の服用は効果が出にくくなってしまうので、空腹時に服用するのをおすすめします。
特に脂っこい食事をしてしまうと、吸収率が大幅に減ってしまうので気を付けてください。
飲むタイミングは食前の30分前ぐらいに飲むのがいいでしょう。
服用後はきちんと吸収させてから、食事をするようにしてください。
また血管拡張作用があるので、アルコールを摂取すると酔っぱらいやすくなってしまうので、注意するようにしてください。
せっかく服用してもその効果を試す前に酔いつぶれてしまったら、意味がなく残念ですよね。
お酒に弱い人は特に注意してください。
普段お酒に強い人も乾杯程度にしておくと、安心だと思います。
25mg50mg100mgの錠剤が販売されていますが、100mgは量が多すぎるので日本人の方にはおすすめできません。
はじめて試す場合は25mgから服用し始めるといいと思います。
また100mgしか手元にない場合は、ピルカッターを使うと綺麗にカット出来るでしょう。
ピルカッターは錠剤をカットするときに便利なので、ひとつ持っておくといいと思います。
ピルカッターで切った錠剤は、コーティングが取れてしまうので、残りは早めに飲んでください。