セックスレスを回避するため、シラグラを

「男女の仲は、肉体関係だけではない」という意見があります。
確かに説得力がある意見ですが、やはり肉体関係が維持出来ない男女は、別れるリスクが高いと言われています。
今、社会の中でもセックスレスは大きな課題になりつつあります。
セックスレスと言えば、女性側に原因があると考えられていましたが、最近ではオトコ側に原因がある、という指摘も増えて来ました。
やはり加齢と共に、男性機能はドンドン下がっていきます。
男性機能が落ち込むと、セックスへの関心度が減り、ナイトライフの回数が激減します。
健康的な若い男女は、1週間に一度以上はセックスをすると考えられています。

もし、頻度がそれ以下であれば、セックスレスの疑いが出て来ます。
1ヶ月に2回、1回という頻度であれば、EDの疑いが濃厚とも言われていて、迅速に対応策を打つ必要があります。
EDはなかなか自分から打ち明けられない問題です。
奥様にも内緒にしておきたい、と感じるのが普通の心理かもしれません。
ところがEDという問題は、ただ黙って時間を過ごしているだけでは、改善しません。

適切な海外製医薬品を服用する等、攻めの姿勢が必要になります。
定番の方法ですが、シラグラやバイアクラ等のお薬を入手しておけば、個人レベルでもEDに関して、対策を打てます。
ED治療薬は専門的な商品ですが、見た目はごく普通の錠剤です。
サプリメントやタブレット菓子に似た、錠剤なので携帯性にも優れていて、旅先や仕事場にも持って行けるでしょう。
服用方法も、シラグラはとても簡単です。
一回分を一日、コップ一杯のお水と飲めば、ED対策が進められます。
その医薬品はバイアクラのジェネリック薬なので、食後の服用は避けたいところです。
夕食やお昼ごはんの前、食前に服用しておきましょう。
胃の中に他の食事が入ったままだと、医薬品の吸収効率がダウンします。
シラグラもバイアクラと同様の性質を持っているため、出来る限り、お腹が空っぽに近い時間帯を狙って、利用したい商品になります。

また食事に加えてシラグラはアルコール成分に弱い特徴があります。
先発薬、後発医薬品に関係なく、ED治療薬は基本的にお酒に弱くなっています。
それを服用する日は、アルコール飲料を出来る限り避けた方が無難です。
ワインやビールはもちろん、アルコール度数が低いカクテルやチューハイなども、やはり避けたほうが、医薬品の効果を実感出来るでしょう。
シラグラはバイアクラ同様にスピード型の医薬品です。

服用後、個人差がある程度あるものの、約30分から45分位待っていれば、お薬の作用が効いて来ます。
医薬品のピークは約1時間後だと言われています。
それに合わせる形で、セックスのプレイを上手く進行させるのも、テクニックの内です。
少し急ぎ気味にスキンシップを始め、スムーズに挿入に移れるように工夫すれば、完璧でしょう。
目安として45分から60分後には、挿入や避妊具の装着をしておきましょう。

参考サイト

こちらのサイトより、一部引用、参考させていただきました。シラグラ
シラグラについての解説サイトは当サイトも含めていろいろありますが、こちらのサイトは分かりやすくまとめられていてお勧めですよ。